追憶の彼方

PA043443_2

追憶の彼方

18世紀末、パリはまだ花の都と呼べる街ではなかった。

インフラ未整備による臭い街であり、やがてそれも産業の発達と資本主義の勃興により改善されてゆく。そんな時代に新型商店街としてパリ各地で新興都市生活者の為にパサージュは増えていった。

最盛期には40ヶ所近くあったパサージュも現存は17ヶ所ほど。

一部の人気パサージュを除いて、現状はシャッター街と化した所が多数ある。

最盛期、追憶の彼方の情景を想像して…

形態
都市空間、パサージュ
種別
調査・研究
所在地
フランス パリ 1区・2区・3区・9区

ギャルリー一覧に戻る

ページトップ